岐阜県高山市【飛騨高山】地域活性化の為の賃貸住宅・公共施設等の地方不動産証券化・資産流動化 不動産・証券の用語集|飛騨高山 飛騨ITアセット

インカム・ゲインとキャピタル・ゲイン
インカムゲインとは、証券からの収入のうち配当や利息などによるものをいいます。
インカムゲインは保有し続けることによって得られる現金収入ですが、それに対して証券が値上がりしてそれを売却して得た利益はキャピタルゲイン(譲渡益)といいます。インカムゲインとキャピタルゲインは、それぞれ別の体系で税金が取られ、またインカムゲインとキャピタルゲインをあわせたリターンをトータルリターンといいます。
オーナーチェンジ
投資用に不動産を購入し、その物件を賃貸している 所有者(オーナー)が、賃借人の入った状態のまま他へ売却することです。
通常賃貸中の物件はこのような取引となるケースが多数を占めます。
オフバランス
バランスシート(貸借対照表)には計上されない取引を示します。
代表的な科目としては、リース資産や金融派生商品などがあります。リース契約によって使用する資産(車、工作機器、事務機器、コンピュータなど)は、貸借対照表上には資産として計上されません。リース料は、損益計算書の費用科目として計上され、為替や株式などの先物取引、為替の予約取引なども、実際に決済日が到来するまで貸借対照表に計上されることはありません。主に金融派生商品の場合は、オフ・バランスを利用することによって、財務体質を健全に見せるような会計操作が可能となるため、なんらかの対応措置が求められています。
オポチュニティファンド
市場平均より高い運用実績を上げることを目指す私募ファンド(プライベートファンド)で、比較的安価で取得でき、かつ付加価値を上げられる不動産に対して投資するファンドをいいます。
リスクが高い分、投資家へのリターンも大きくする必要があります。
このため、物件は競争入札ではなく、独自のルートを活用して安価に取得し、レバレッジを効かせてリターンの向上を目指すことが多くあります。
オリジネーター
資産・債権の流動化・証券化の際に、対象となる資産の保有者又は債権の組成者(原債権者)を指すものをいいます。
リース物件やリース債権の場合はリース会社、割賦債権であれば信販会社を、貸付債権であれば金融機関を、不動産であれば不動産所有者を指します。